買取価格3倍!?2分でできる赤本参考書出品前の裏ワザ

satei-500x351

 

参考書や受験用の過去問を売るとき、気になるのが

その買取価格。

 

苦労してかき集めてきた参考書が、

二束三文では寂しい限りです。

 

しかし、参考書の買取には、高額査定につなげるための

秘密がありました!

 

いますぐできて手がかからない。

 

それは、どんな工夫なのでしょうか。

 

折れたページは買取NG?!新品同然に戻る秘密の方法とは

brown-18335_1920

参考書を売る前に、まず査定が行われます。

 

査定とは、売りたいものの状態を確認して、

値付けをしてもらうこと。

 

ここで双方の納得がいかなければ、

買取は成立しません。

 

しかし、参考書を売りたい、といって

査定に出している場合、主導権は業者にあると思いがちです。

 

必ずしもそうではありませんが、

足元を見られないように、査定に出す参考書類の

状態は整えておくのがよいでしょう。

 

そして、参考書や受験過去問題集の値段の値段を決める

大きな要因は、それらの状態。

 

一言で言えば、新しく見えるものが高い、

ということです。

 

横から見ると手垢が!!そんな参考書は買取ってもらえない?

fl20130305zga-870x489

例えばブックオフなどでコミックなどを売る場合。

 

ページの四隅が折れ曲がっていたり、

表紙が少しかすれているだけで、値を付けてもらえなかった。

 

そんな経験ありませんか?

 

実際にはそれくらいの状態の書籍を棚に並べている

古書店ですが、買取の際は、そうした査定になるのです。

 

こういった実態を考えると、例えば横から見て

手垢のような黒ずみがついてしまった参考書でも

買取ってもらうことは可能です。

 

というのは、そうしたページの上下左右の黒ずみは、

販売前にやすりかけなどのメンテナンスを行うことで

簡単にきれいになるから。

 

それを知って入れば、安く買いたたかれることはないはずです。

 

参考書の状態を理由に納得のいかない

査定額を提示されたなら、メンテナンスして売ることを理由に

査定額がもう少し高くなるよう、駆け引きをしてみましょう。

 

表紙の印象が買取額を左右!?今すぐできる●●で査定額up

Get-Rid-of-Old-Books-Step-21

また、ページの黒ずみ以上に買取価格を左右するのが

表紙の状態です。

 

表紙は、いわばほんの顔。

 

これが汚れているだけで、査定額は大幅ダウンの

恐れがあります。

 

表紙の汚れを防ぎ、高額買取につなげるためには、

なんといってもカバーはすぐに外してしまうことが

おススメです。

 

最近では、買ってすぐにはずす人も多いので、

既にはずしていた、という人は、

必ず査定前にカバーをかけなおしましょう。

 

このカバーを外す、かけ戻す、のひと手間だけで

査定額はの大幅アップが見込めるので

必ず実行するようにしましょう。

 

 

コメントを残す