買取価格に季節変動!?500円以上得する下取りのポイント

Get-Rid-of-Old-Books-Step-21

 

受験用の参考書や赤本は、使用後に

買取ってもらうことが可能です。

 

しかし、当然ながら、使用状態や、その時の

買取業者の在庫状況などで、買取価格には差がでます。

 

そのため、買取業者や時期によっては、最大で50倍近い

価格差がでてしまうことも…!!

 

ここでは、高額買取のポイントに加え、

最も買取価格が高い季節はいつなのか、お伝えします。

 

受験参考書の最高値は受験前の冬にあり!?高額査定のコツ

brown-18335_1920

受験参考書の需要が一番伸びるのは、受験前の冬。

 

特に、志望校ごとに分かれた赤本や青本は、

受験する大学が決まってから購入する人が多い為、

この冬ごろに価格が上昇する傾向があります。

 

こうした季節変動は当然ですが、そのなかでも、

参考書の状態によっては、買取価格に差がでてきます。

 

一番高い季節に一番良い状態で、あるいは、

一番業者のこのむ状態で査定に出すことが、

査定額を高くだすコツになります。

 

業者の好む状態とは、買取業者によって、

多少異なります。

 

特にテキストへの書き込み。

 

完全NGで買取ってくれない業者もいれば、

者によってはOK、

むしろ、価格を上乗せする、という業者もあるからです。

 

3月、4月の下取りは価格が下がる、は嘘だった!?

bored-16811_1920

次に注意したいのが、受験直後の3月、4月。

 

この季節には、受験が終わって、参考書や赤本を

査定に出す人が一気に増えます。

 

このため、参考書の買取業者は手元に多くの

参考書や赤本を抱える状態です。

 

そこで買取NGになることは少ないでしょう。

 

しかし、査定額は辛くなりがちです。

 

同様の参考書が手元にいくつもあれば、それは同然です。

 

状態がよければあまり価格が下がることはありませんが、

一時的に買取対象から外れるものも出てきます。

 

そうした理由から、可能であれば、3カ月ほど後に

下取りに出すことをおススメします。

 

一番おススメは受験戦争開始直前のアノ季節だった!!

fl20130305zga-870x489

そして、一番おススメなのが受験開始前の夏休みの時期。

 

この時期は、浪人が決まってしばらく休憩していた浪人生や、

部活を引退して受験がいよいよ始まる高校三年生など、

多くの人が受験モードに突入する時期です。

 

そのため、受験参考書や赤本、過去問などの需要が

一気に高まります。

 

そのため、業者もいくら在庫が多くても、

高額での買取に応じてくれます。

 

もちろん、参考書の状態が良いのに越したことはありません。

 

いづれにしろ高額での買取が期待できる、

一番おススメの時期です。

 

参考書を少しでも高く売る!

 

 

コメントを残す