コロナ休校で大学受験に不安?合格の近道自主勉強の秘訣は

【※高3受験生向け※人生における「学歴」の重要性】

~「コロナ流行」だからこそ受験を乗り越えてほしい。4通目~
コロナ休校で大学受験に不安?合格の近道自主勉強の秘訣は

オリンピックが延期になり、「ウイルスとは年単位の付き合いになる。」
そう言われています。

そんな最中、受験生は来年のセンター試験、日程、センター試験廃止の話はどうなるのか…
不安なことでしょう。

受験生の声を代弁すると

「コロナで年1回のチャンスを失いたくない」
「ここまで頑張ってきたんだから、第一志望に絶対受かりたい」

これが本音でしょう。
こんな中でも頑張ってる受験生たちにエールを送ります。

そこで今回は「学歴」という観点から皆様に

・僕の受験生時代の気持ちの変化
・モチベーションアップの方法

をお伝えします。

☆はじめに☆

これを見るあなたは少なくとも「学歴」を気にしない人種では無いでしょう。

人は検索履歴を見られたく無いものです。
それは自分の考えや欲望が外部に露呈するのを嫌うからです。

この記事が検索履歴に残るあなたは
「学歴」を潜在的に意識しているのです。

少し嫌味な見解ではありますが、
僕の体験を赤裸々に書くので是非見て頂けたら幸いです。

さて、この記事を見ているのは
・どうも自分の学歴が気に入らない。
・受験生で学歴に敏感になっている。
という方が多いでしょう。

わかります。

僕自身、受験生時代はかなり敏感でした。

今回は「大学受験戦争」の中、
自分が「学歴」それとも本来の目的である「学び」どちらを求めているのかわからない…

そんな迷走しているあなたに送ります。

☆僕の大学受験の流れ☆

僕の受験に対する気持ちの変化をわかりやすくするために、受験の軌跡を辿りましょう。

(工業高校に入学)

(1年生)この段階では受験を意識せず。
先生から大学受験を進められ、定期テストだけ努力。

(2年生)大学受験を決意する友達が数人出てくる。※工業高校なので受験志望者は少数派です。
それに触発されて、受験を決意。模擬試験を意識する。

(3年生)1年生の時から定期テストを頑張ってきたので評定平均4.7
某国立大学の推薦入試を進められる。※この時、先生からの期待はとても大きかった。

(受験本番シーズン)
年が明ける前に国立大学の推薦入試を受けることになる。
その時、同じ受験仲間である友人が同じ国立大学の推薦入試を志望した。

(受験終了…そして結果発表)
・推薦入試→不合格
・センター試験→前日に受けた模試より120点ほど得点減
・私立大学入試→全不合格
・国立大学→不合格

(浪人生活開始)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓※後に説明します

(無事合格)

☆受験時代の最低な感情☆

僕の受験の軌跡はいかがだったでしょうか??
「ただの努力不足で勘違いな奴」と言われればそれまでですが、受験には僕なりの強い感情がありました。

それは「プライド」です。

工業高校(偏差値も特に高くない)ではありますが、
定期テストを頑張っていた僕は、嘘偽りなく「3年間定期テスト1位」だったのです。

当然、先生や両親からの期待も膨らみます。

そうなると井の中の蛙のプライドMAXです。
場所は工業高校、さらにプライドは加速します。

当時、僕の腹の中は

「俺はおまえらと違って勉強をしている」
「良い大学に入学してやる」
「大卒の称号でおまえらと差をつける」

もう最悪です笑
でも、当時の僕は実際にこういう気持ちで受験に挑みました。

そんな思いに反して、推薦入試で同じ受験仲間だった友人が合格しました。
これが衝撃的にショックな出来事として未だに記憶にあります。

その時も「学年1位の俺じゃなく何でアイツなの!?」という気持ちでした。

そして周りからの期待、2人受験して「落ちた方」と言う見られ方に耐えられず、精神的にかなり追い込まれていました。

その結果、その後の試験でも結果を出せず浪人することになりました。

☆浪人時代の出会いと心の変化☆

(浪人時代前期)
大学受験失敗した分来年いいところに受かってやる!

そんな気持ちで迎えた浪人生活。
今まで以上に勉強に励みました。

恥ずかしながら、この時の僕はまだ「学歴」を追い求めていたのでしょう。

(浪人時代中期)
ここで僕の考え方が変わりました。

一人の現代文講師から

「君たちは親に金を払ってここに来ている。そして学生でも社会人でもない。
いわばどこにも所属していない状態なんだ。親の期待に応えるには来年大学に所属し楽しむことだ。」
という言葉をいただきました。

僕の気持ちは変わりました。
周りの人間と比較したり、妬んだりするのではなく、最大限の努力の上で合格を掴めばいいのだと。
その結果として学歴がついてくるのだと。

(浪人時代後期)
ポジティブな精神状態で勉強を着実に進めていき、受験した大学5校中4校に合格しました。

☆今受験生に伝えたいこと☆

受験をしていると、順位を見たり比較をしたり…
自分の立ち位置を意識する機会が増えると思います。

そうすると、その界隈での勝負にこだわり「学歴」「勝ち負け」という意識が強くなってしまうのです。

もちろん受験という「勝負の場」ではある程度そういった意識は必要です。

ただ、考えてみてください。
大学には、いろいろな経歴の人がいます。

・社会をすでに経験されている方
・留学として日本に来ている方
・会社を立ち上げている方

いわば「人間サラダボウル」です。

そんな素敵な場所にこれから行けるのです。
手に入るのは学歴なんかではなく、素敵な居場所なのです。

そのためには周りの人たちの協力、両親、先生、同級生、先輩からの情報提供が必要不可欠です。

その支えがあることを忘れずに合格に向けて頑張ってください。

要約すると、
「学歴」ではなく「素敵な出会いと場所」を絶対に手に入れるという意識で受験をするとモチベーションを維持して受験を乗り越えられると思います。

☆最後に☆

コロナの影響でとても不安な受験生活になることは間違いないでしょう。
だからこそ、素敵な一年になるのです。

不安な過去や絶望的な過去は、将来笑い話するためのエネルギー源に過ぎません。

繰り返しになりますが、「学歴」を追い求める受験をするよりも、「素敵な場所」を手に入れる受験にしてみてください。

人と比べず自分のできる最大限の努力をしては入れた大学は必然的に素敵な場所になるはずです。

そして、そこに後悔はないはずです。

この記事を読んだ皆が素敵な受験生という一つの青春を謳歌できることを願っています。

コメントを残す