センター試験は●●対策で志望校合格!?決め手の教科対策は

190301

これから大学受験を考えている3年生のみなさん。進路に迷っていて、大学受験をしようか考えている高校1・2年生のみなさん。センター試験という言葉は聞いたことがありますか。大学合格に近づくためには、センター試験を理解し、早めの対策が必要ですよ。

 

・センター試験って何?

・センター試験を受けないと大学に入れないの?

・センター試験の勉強方法は?

 

これらについて、解説していきます。

 

なお、2021年度の入試から、センター試験が廃止され、「大学入学共通テスト」に代わります。ここではセンター試験をベースに、大学入学共通テストについて説明します。

 

◆センター試験とは何か?

「センター試験」とは、正式名称を「大学入試センター試験」といい、独立行政法人「大学入試センター」が運営する試験のことです。各大学は、大学入試センターと共同で実施します。

例年、1月中旬の土曜日と日曜日の2日間に全国で一斉に行われます。

国公立大学を志望する受験者は必ず受験することになります。また、一部の私立大学でも「センター試験利用入試」を設けていることがあります。「センター試験利用入試」は、センター試験の成績を使って合否を判定する入試方法のことです。

 

◆センター試験を受けないと大学に入れないの?

国公立大学の一般入試(学力試験を課す入学試験)では、センター試験の受験が必須になっています。国公立大学の出願資格として、「大学入試センター試験の教科・科目のうち、本学が指定した教科・科目をすべて受験したもの」とされていることがありますので、国公立大学に入るためには、センター試験を受験しなければなりません。

 

◆センター試験を受けなくても大学に入れる

私立大学の場合は、各大学独自の入学試験を実施するため、センター試験の受験は必須ではありません。国公立大学でもAO入試を実施している大学があり、一部ではセンター試験が不要のものもあります。

センター試験を受けなくても大学に入ることができます。

 

◆センター試験の解答方法は?

センター試験の解答方法は、4択のマーク式です。ただし、英語ではリスニングが必須となります。

ちなみに、大学入試改革により、センター試験に代わる大学入学共通テストでは国語と数学の一部で記述式問題が出題されることになっていましたが、文部科学省はこれを見送る方針を固めました(2019年12月12日現在)。よって、大学入学共通テストに代わっても、センター試験と変わらずすべての解答方法は4択のマーク式になる見込みです。

 

◆センター試験の科目や出題範囲は?

センター試験の科目は、国語、地理歴史(「世界史A」「世界史B」 「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」)、公民(「現代社会」「倫理」「政治・経済」『倫理,政治・経済』)、数学「数学Ⅰ」『数学Ⅰ・数学A』「数学Ⅱ」『数学Ⅱ・数学B』『簿記・会計』『情報関係基礎』)、理科「物理基礎」 「化学基礎」 「生物基礎」 「地学基礎」「物理」「化学」「生物」「地学」)、外国語(『英語』『ドイツ語』『フランス語』『中国語』『韓国語』)の6教科30科目となっています。高校の授業や教科書の中から出題されますので、高校までの基礎力があれば解ける問題です。

 

◆センター試験の勉強方法は?

センター試験の問題は、高校までの授業や教科書の内容から出題されます。

これは大学共通テストに移行した場合も同じです。大学入試センターが公表している問題作成の方針を見ると、「高等学校の段階における基礎的な学習の程度を判定し、大学教育を受けるために必要な能力について把握することを目的としている」とあります。

 

さらに、「知識の理解の質を問う問題や、思考力、判断力、表現力を発揮して解くことが求められる問題」や「高等学校における通常の授業を通じて身に付けた知識の理解や思考力等を新たな場面でも発揮できるかを問うため、教科書等で扱われていない資料等」からも出題されるとされています。

つまり、教科書の内容を理解することはもちろんですが、それを丸暗記するだけではダメなわけです。資料集などの副教材や、そこに掲載されているデータなどを読み取って答えを導き出す力が求められます。

 

大学入試センターのウェブサイトには、過去3年分の試験問題と正解が掲載されていますので、傾向を探る参考になります。過去問題を解くことで弱点や知識の抜けを確認し、基礎を固めたうえで、再度過去問を解くという繰り返しです。

 

◆まとめ

・センター試験とは、大学入試センターが行う試験で、国公立大学を受験する場合は必須の試験

・4択のマーク式の解答方法

・高校までの学習内容から出題されるので、基礎を固めておくこと

・過去問題は大学入試センターのウェブサイトに掲載されているので、繰り返し解いてみること

コメントを残す